 60472e41dd8d4f7e5d40f8cb383bd88e UA-157964444-1
イノベーション

学習意欲が全くない子供を抱える親の為にお伝え致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今の時代と言うより、世界が発展するにあたって、社会が便利と豊かさを追求し結果として、様々で豊富な趣味による楽しみ方が、次々と生まれる時代となりました。

勿論の事その中に、おいて「学習ツール」も生まれて来ているのも事実です。

現にNintendoDSで、そぅ言う学習向けソフトが、発売されていた事が、何よりの証拠です。

ただその一方で、巷では「学力低下」の話しも聞く時が、あります。言葉を変えれば「学習意欲の低下」とも言うべきですかね(´-ω-`)。

昔の江戸や明治時代の頃の日本は、外国に渡り外国社会の勉強も盛んな時代でしたからね

丁度この頃から、西洋医学を取り入れた治療を始めた頃ですし、明治時代においては、外国社会を学んだ事により、日本社会の発展に繋がり、結果として、次々に新しい社会制度と会社が、設立されました

私個人的に印象強いのが、渋沢栄一氏の「第一国立銀行」の設立です。今のみずほ銀行の前身の姿と言うべきです

第一国立銀行だけでなく、多種多様の企業の設立に、携わった功績を称え、長きに渡り歴史上に名を連ねる偉大なる人物の一人として知られる方です

昔は自分達で勉強して、社会を作り上げる時代でしたが、今の現代社会でもその色合いは、根強く残ってます。

ただその一方で、先程も申し上げた通り、「学習意欲の低下」の深刻化も目立ちます。

私が学生の頃もそぅでしたが、高校中退する方が、おります。何かしらの理由が、ある事は、間違い御座いません。

その謎と原因の紐解きをお伝えして行ければと思います。その前に対象となる方ですよね(–;)。

最低でもこれだけの対象が、出て来ます。学習意欲の意味合いも兼ねてお伝えして行ければと思います。

学習意欲が全くない子供を抱える親の為にお伝え致します。

これですね。何で今の現代社会で「学力低下」が、上げられてる理由って。これだけ「学歴社会」と言われている時代ですからね。

一般常識的な理由として、考えられる原因の一つとして、上がって来る事は、やはり(ゆとり教育)が、背景に上げられてます。

ただ(ゆとり教育)だけのせいだけにするのは、正直申し上げますと、一方的であり、短絡的な理由にしか過ぎません。

もっと本質的な理由が別にあると考えられます。

広く一般的な理由として、上がっている事は次の通りになります。

最低でもこれだけ上がって来ます。広く一般的な理由としては、やはり「遊びが楽しい」でしょう。現に私自身も学生の頃そぅでしたから。

ただこれは常識的な理由なので、本当の理由はまた別にあると考えられます。

それはズバリ「勉強すると言う本当の理由」を教える事が、出来ない方が、多い社会となったからです。

そもそも何で勉強しなくちゃいけないの?単に学歴社会だから大学を出ないと駄目なの?

ここ何ですよね。偏差値70以上の大学を出ても、世の中出て本当の意味で、大成出来ない方も中には存在します

言葉を変えれば、リスクを犯しても「挑戦」する事が出来ない方もおります。

今回この記事を通して、お伝えしたい事は、この部分です。それは「自立心」を教えられないからだと思います。

無理矢理な抑圧的でなく、自分できっかけを見つけ出す。

その自立心つまり自分から積極的に進んで、学ぶ姿勢を育む事が、出来ない環境になっているからであると同時に、そぅ言った抑圧的でマニュアル的な社会教育に、なっている事が、最大の原因と見てます

ゆとり教育の事を理由に、上げさせて頂きますと、中学からの定期試験による偏差値の判断と、それに伴う進学受験の様に、義務教育的な理由によっての学習意欲促進の教育による抑圧的なやり方だと、正直言ってその時による短期的な教育でしかならないと思います。

現に先程上げた「高校中退」が、良い例です。

原因は学院する理由を学ばなかったからだと考えられます。

あくまで私個人的な見方に過ぎませんが、高校中退すると言う事は、学習の意味を学んで来なかった事が、原因じゃないかなって思います。

ただ学校の勉強をするだけが、勉強じゃなく、本当の意味での「勉強」の本筋を学んで来なかった事が、結果理由なき中退に繋がったと思います

予めお断りしておきますが、これが全てだと決めつける訳じゃありません。あくまで私自身が今まで見て来た中での話しです。

ゆとり教育を理由に上げれば、フィンランドなど北欧社会だと、ゆとり教育の背景には、「自立心」を育み気づいてもらう為の一貫としてます。

つまり何で勉強しなければ、ならない本筋を教えられない限り、学力低下の解決に繋がらないと思います。

学力向上と学習意欲を与えるきっかけとして。

その解決法のきっかけとなる組織が、この世の中に存在する事は、間違いなくあると見ております。

その一つのきっかけとしてあるなら家庭教師による学習意欲の促進を育む事です。

その理由として、まず生徒様の学習態度や姿勢を見て、その生徒様に合った学習プログラムとカリキュラムを作成します。

その上において、生徒様が、学習に取り組める様指導して行きます。

結果として、今まで学習に対して全く意欲を見せられなかったお子様が、いつの間にか成績UPに、繋がる結果を次々と出しております。

更に学習意欲の本質もこの家庭教師を通して、学ぶ事も出来、学校の勉強だけでなく、社会全体であり、人としての学習意欲の向上にも繋がります。

家庭教師なだけあって、それだけの授業料は、かかりますが、子供の将来と出世の為に、この機会に、子供の将来に、投資をする事も一つの選択肢だと思います

もっと言えば、渋沢栄一氏を始め「西郷隆盛氏、大隈重信氏、大久保利通氏」等の様に、かつての日本社会で明治維新を起こしたイノベーターの様な人物に育つ事を信じて

まとめ。

ここまで本文で、学習意欲がない子供の為に、私なりの考え方をお伝えして参りました。

正直お伝えしますと、確かに全員ではありませんが、学習意欲がない子供が、増えているのは、事実だと見ております。

解決法としては、何故学習をすべきか!その理由と本質をお伝えし、学習するきっかけを与える事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。