 60472e41dd8d4f7e5d40f8cb383bd88e UA-157964444-1
投資金融

グロース株の意味。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事のキーワードとさせて頂きますのは、「グロース株」と言うので御座います。

またこの(グロース株)を始めて聞く方もいる可能性が、ありますので、まず最初に「グロース株」の事からお伝えして行こうと思います。

本題に入る前に、この記事の対象の方をお伝え致します。

その上においてグロース株と言うのは、一体どぅ言う意味なのか?も併せてお伝え致します。

予めご了承下さい。

グロース株とは。

日本語で略すと(成長株)と呼ばれております。そもそもグロースと言う言葉その物が(成長)を意味しますからね。

改めまして、グロース株は別名(成長株)と呼ばれており、各企業が、今後の事業展開、成長戦略、将来的なビジョンなどが、今後の市場展開上において成長が期待される銘柄の事を指します

言い方を変えれば、企業の一定期間において成長が出来ると判断される企業の事です

主に新興市場に多く上場している。

多いのが、日本の株式市場で例えるなら東証マザーズ、東証JASDAQと言った新興市場に属する銘柄が主です。

この両市場で扱われている企業銘柄は、成長企業として判断されている企業をです。

現に革新的なビジョンと商品で、市場シェアを拡大し、増収増益を続けている企業が、多いのが、特徴です。

一時のIT企業を始め今の日本経済を支えている企業の株価が、数倍以上に羽上がったと言う過去の事例が御座います

そぅ言った現象が起きるのも不思議ではありません。

その為PERは、高めに設定されております。

と言うのが、グロース株の簡単な説明です。

グロース株投資の目的は。

このグロース株投資の目的は「企業の成長に投資する」事です。

つまり現在成長を続けている企業が、今後更なる展望によって成長する可能性があるからこそ投資すると言う事です

理由については、投資家によって異なりますが、何かその企業に成長すると言う確信が、あるからこそ投資すると言う事ですね。

まぁ。それだけ成長戦略が、確かな事だからこそですかね?

このグロース株をするに当たって、一体どぅ言う事が必要なのか?やはりメインに伝えなくてはならないのは、そこですね。

そのグロース株の探し方は。

そぅこのグロース株として、見るのに必要なのは(売上高と利益が順調に増加傾向にある)(業績予想も増加傾向にある)。

この上においてチャートが、上がり調子である事も重要です。

更に重要なのは(現状だけでなく将来的にも業績や売上高等の増加傾向を予測する必要がある)。

これ等がまずグロース株投資に必要な事です。

本当の意味で成長出来るかどぅかを見極める事。

この為企業の成長が、出来るかどぅか?それを見極める必要があります。

果たして「この企業が本当に数年後株価が数倍以上に羽上がる事が出来るか?」どぅかが。

これを更に見極められると言うやり方が、実はあります。今からお伝えして参ります。

グロース株の銘柄の見極め方は。

いよいよグロース株を探す為に、必要な事をお伝え致します。

分かりやすく言うとスクリーニングであり、条件の検索です。

ROEが高い。

まぁこれは当然として当たり前です。この指数事態が、企業の成長力を示してますからね。

最低ラインとして15%を基準にして下さい。

売り上げ、業績予想、利益が毎年伸びている。

これも大切な一つのキーワードです。先程からお伝えしています通り、売り上げ等が増加傾向でないと、その企業の成長が疑われますからね。

自己資本比率が20%以上である事。

そもそも(自己資本比率)って何?って思う方もいるかと思います。年の為お伝えしておきます。

自己資本とはすなわち。

返済する必要のない資金の事を指します。別名純資産とも言います。

株主から調達した「株主資本」と内部留保の合計です。返済義務のある「他人資本」と対を成します。

つまりこの自己資本が多いと言う事は、他人から資金調達した(他人資本)が、少なく債務がないと判断されます

これが高ければ高いほど安全となります。更に80%以上ならより安心です。逆に20%以下だと危険水位です。

兼ねてよりお伝えしますが、金融業に関しては対象外となります何故なら現金が潤沢に持っているからです

時価総額が低い企業。

一番大切なのはここです!理由として成長力が期待出来るからです言い方を変えれば、成長する余地があると言う事です

大体時価総額の最高基準を1000万円で、決めて下さい。

株価が低い銘柄。

更に一番重要なのは、株価が低くチャートの動きが平坦な銘柄です。

ここでもROEの重要性が出て来ましたね。やはりグロースの日本語の意味が(成長)ですから、成長株の判断の鍵は、ROE指数ですね。

まとめ。

ここまでグロース株投資の事についてお伝えして来ました。

改めましてグロース株を探し出すにあたって最低でもこれだけのスクリーニングをしなければ、なりません。

基本的に、グロース株投資もバリュー株投資同様中長期投資で考える必要があります。

何故なら短期的売買でなく、企業の成長と共に歩みながら見届ける事こそグロース株の醍醐味だからです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。