 60472e41dd8d4f7e5d40f8cb383bd88e UA-157964444-1
イノベーション

物事の始まりは、あるし空想から始まる事もある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そぅ。時には本当に物事の始まりは、人の脳の底から生まれる「空想」から始まる事もある。

空想」と言うのは、あるしこの無限大の世の中と相当する位無限大の可能性を生み出します。

基その物事の始まりは、空想から始まる事も時にはある事こそ、この記事のテーマとキーワードであります。

無限大の可能性を秘めた「空想」によって様々な歴史が、生み出され作られて来た事は、すでに歴史の歩みによって言い伝えられております。

その「空想」の事をお伝えする前に対象の方をお伝えしたいと思います。

予めご了承下さい。

物事の始まりは、あるし空想から始まる事もある。

確かに所詮空想は空想となるでしょう。一般常識じゃ考えられない事ですし、正直言って一般常識を基本とするいわゆるごく普通の社会人からすれば、「お前馬鹿じゃねぇの!」って思われますし、更に「お前は普通の奴とは違う!」とも思われがちです。

確かに国の事柄や体質などを考えたら、正直言って社会人としての「常識、教養、人格」を持ち更に「組織人としての素直さと従順さ」を重ね備えれば、そりゃ社会は上手くサイクルされるでしょう。

ある意味反骨精神もその内の一つ?

ただそれまでとなります。皆と同じ様に、ただ当たり前の事。

当たり前の様に(マニュアル人間)じゃ「ある一定の成果を上げても本当の意味での成果は上げるのは難しい」と言う事です。

いわば(反骨精神)的な人間じゃないと正直本当の意味での成果を上げ偉業を成し遂げられないと言う事です。

この記事でお伝えする物事の始まりは空想から始まる事もそれに値します。

念の為空想の意味をお伝えしておきます。

それはこの二つの事が、上がって来ます。

この二つの意味こそが、この長い歴史を作り出したと同時に、数多くの歴史に名を残し刻んだイノベーターを生み出した原点とも言ぅべきです。

つまり人の中に秘めた「空想」から生まれる想像力は、計り知れないと言う事です。

それは想像を絶する事もある。

今の現代社会でもこれは、起きていますね。GAFAGoogle、Amazon、Facebook、Apple」と呼ばれるアメリカのIT4社が、まさにそれに値しております。

他にもインドのヴィニート・ナイアー氏が、経営権を握ってた頃のHCL社、ウォルトディズニー社の経営手法、AIを駆使した投資システムの開発、ヨーロッパ諸国の何百年立ち続ける家屋などの建造物、Microsoft社のWindows、LinuxOS、CG技術誕生辺りも私的に印象が強いです。

日本だとTOYOTAの自動車開発、小松製作所の衛星運転システム、アニメーション製作、耐震強度、橋の作る技術、水の清浄化の技術、田中角栄総理内閣における日中国交正常化、中曽根内閣における国鉄民営化、小泉内閣における郵政民営化、明治時代と昭和時代の高度成長期の頃の日本社会、BOOWYとLOUDNESSの誕生、V9の頃の東京読売巨人軍等が上がりますね。はぃ( ´-ω-)。

やはり彼等を生み出したのは空想からなのか。

今BOOWYとLOUDNESSが上がりましたが、エンターテイメント関連こそ「空想」から始まらなければ、物事の誕生は始まりません。

それは70年代、80年代、90年代初期から中期の頃の洋楽アーティストを聞けば分かります。

特にローリングストーン誌が、選ぶ◯◯◯◯◯を見るとそれが良く分かります。

ゲームと映画でも同じ事が言えます。どれがとか言い切れませんが、いずれにしろ常識じゃ考えられない「空想」から生まれなければ、先程上げた様な事は、起きない事は事実です。

何故ならイノベーションが、生まれる事もある。

それは仰る通りです。

先程政治的な事を上げましたが、恐らく彼等の共通点は、そこに答えがたどり着く事になります。

常識じゃ考えられない「空想」的な思考の持ち主じゃないと成し遂げられない事は、事実です。

当たり前の事ですが、イノベーションが起こる事の理由はそれだと思います。例えばエジソンの発明がそぅじゃないですか。

彼が電球を発明しなければ、今の様にLED技術が生まれなかったと思います。

やがて理想と現実との間が、生まれ狭まる。

天才は理解されにくいと言われますが、この見出し通りとなりますね。また「出る杭は打たれる」とも言えます。

やはり人ってどうしても常識ある人を好み選ぶ傾向が、あります。

歴史的偉人の方をテーマにした作品によっては、そぅ言う事を強調されている作品がありますので、詳しくはそちらをご参照して頂ければ分かります

見方を変えれば、ビジネス面でも同じ事が言えます。

あとスポーツ界でもそぅですね。天才、怪物、革命児と呼ばれる様な方に値する様に天職として何かを持っている人間は簡単に育てられないと言われます

ただ単に組織の決まり事のマニュアル的な教育じゃ潰されるのが、オチです。

そぅ言った彼等の様な人物は、やはり人とは違う特殊な人生を歩み経験して来た方じゃないと育てられないでしょうね。

空想も一つの革命を起こす為に必要。

結論です。そぅ言う事です。人生イノベーターと呼ばれる人物達が備えている一つの要素と能力は、やはり常人を超越する「空想」の持ち主だと言う事です。

そぅ言う方に限り「自分がどぅすれば能力が発揮出来結果を出せるか」が、分かっている方でしょう。

そぅ言った特殊な能力がある方を多く排出する事が、今後の社会にとって必要不可欠となります。

まとめ。

人々の中に秘められた「空想」と言うのは、本当に無限大の可能性を生み出す事が、可能です。

その可能性の果てに歴史と社会は、作られます。

その「空想」もまた歴史の終わりと始まりを生み出す為に、必要なアビリティと言うべきでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。