 60472e41dd8d4f7e5d40f8cb383bd88e UA-157964444-1
世界情勢、世界的危機

今や中国の株式市場も世界中に影響力を及ぼしております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今や世界第二位の経済大国として知られる中国

その中国の株式市場も世界中に、絶大な影響力を及ぼしているのは、多くのニュースをご覧頂いている方は、ご存知である事は、お間違い御座いません。

強いて言うなら2021年9月に起きた中国恒大集団のデフォルト(債務不履行)による出来事です。

世界中では、第二のリーマンショックになる事も言われております

その影響で、世界中の株価が、下落した事も事実です。

何故そぅなるのか!?その事をお伝え致します。

その前に対象となる方をお伝えしないといけませんね\(_ _)。

または株式投資全般にご興味がある方も対象とさせて頂きます。

予めご了承下さい。

今や中国の株式市場も世界中に影響力を及ぼしております。

この記事を作成した2021年現在においても未だ世界第二位の経済大国として知られている中国

いずれは、アメリカを抜き世界第一位の経済大国として君臨すると言う見方も出ていると聞きます

その影響もあってか、中国の株式市場も今や世界中のマーケットにおいて、無視出来ない存在となっております

どぅしてそれだけ世界中に、中国の株式市場の存在が、それだけ影響力が、あるのか?

その事をお伝え致します。

まず上げる理由は世界第二位の経済大国だからです。

先程から何度もお伝えしている事を大変繰り返す様で、恐縮ですが、まず上げるべき点は、この世界第二位の経済大国として、世界中に君臨している事です。

今や中国に進出している日経企業も数多く計り知れないです

更に中国の人口が、13億人の数を誇り、国内総生産のGDPも昔に比べたら失速はしている印象を見受けますが、依然として経済力は、計り知れません。

ただ世界第一位のアメリカのGDPよりも高い水準を誇っては、おりますが

その他にも国内の労働力の拡大規模、半導体からレアアースの支配的な地位の確立により、今や国際社会にとって主要国として欠かせない社会国家として確立しております。

アジア圏に強い影響力を及ぼしているのも理由の一つです。

アジア地域の大国であり、中心国家として君臨しているのも事実ですからね。

中国との大陸間同士での繋がりであり、結び付きは、かなり力強いのも中国株式市場の存在感を増している一つの理由となります。

分かりやすく言うと、韓国のサムスン電子が、ファーウェイに半導体の供給とか。

あとは中国が、アジア諸国を中心に、富をばらまく様に、初期投資を拡大している為、世界中に中国のビジネスの価値を拡大している事も事実です。

まぁいずれにしろアジア圏において、中国の存在は、とてつもなく大きく計り知れないと言う事です。

強みは何と言ってもユーラシア大陸による繋がりです。

確かに大陸同士の繋がりは、かなりの強みですね。

けど今や中国は、ユーラシア大陸の国だけに留まらず、世界各地の地域と国々との貿易も盛んに行われており、世界中において、中国の存在なくして貿易は、成り立たなくなって来ております。

今や中国経済も世界的に無視出来なくなって来てます。

世界中の動きを見ていても確かに中国の存在は、日に日に存在感を増しております。

その証拠に2021年9月16日に、TPP事環太平洋連携協定の申請をした事により、国の貿易やらあらゆる面に、おいて自国の経済の更なる活性化を図る狙いが、あります。

恐らく貿易ビジネスで、更なる拡大を試みる事による理由での申請となります。

ただその一方で、中国のとの関係が、悪化している国も存在しているのも事実ですので、正直申請が承認されるかは、不透明極まりないです。

元々TPPの参加による承認は、かなりハードルが、高い事は、有名な話しですが、先程お伝えした様に、中国との関係が、悪化している国の事を考えたら審査が、通るかどぅか難しい所です。

そぅ言った理由で、中国経済の信頼性が、危ぶまれる事もあり、中国に流れるマネーが、逃げる恐れも生じて来ます。

ただその一方で、審査が通れば、それはそれで、中国の存在意義を更に強まりますので、強い経済力が、望めると言う理由で、世界中からマネーが、どんどん舞い込んで来ます。

その影響力の根元は中国三大株式市場の存在です。

そぅなりますね。中国経済を支える最大の要と言っても良いです。

その中国三大株式市場の名前をお伝えさせて頂きます。

と言う主な三つの株式市場で、成り立ってます。

中国株式市場は本土と香港の二つに分かれている。

その中で更に上海と深セン市場に関しては、AとB市場で、分かれております。

ただ現在海外の個人投資家が、参加出来るのは、B市場のみです。

その理由として、人民元を自由化しない条件下の中で、外貨を投資したいと言う理由の元に、中国政府の策として創設された市場です。

現在は2021年の2月から中国の個人投資家にも参加出来る様になっております。

やはり香港株式市場の存在感は凄まじい。

私の中では、香港は、かなりビジネスとマネーが、アジア圏において圧倒的な存在感を誇っている印象を見受けます。

アジア圏の中でも最もビジネスが、盛んで発達していると言う地域でもあります。

その事もあってか、香港株式市場は、中国の枠を越えて、アジア最大規模の株式市場としても世界中に知られております。

言ってしまえば、アジアを代表する世界的株式市場です。

アメリカで例えるならダウ平均株価です。

その香港市場ですが、大きく二つに分かれております。

メインボード市場とは。

その名を示す通り、香港のメインとなる株式市場です。

基本的にH株、レッドチップ、その他の三種類に分類されております。

GEM市場とは。

こちらは新興企業をメインとした株式市場です。

日本で言うならマザーズとジャスダックと言うべきです。

こちらもH株、レッドチップ、その他の三種類に分類されております。

まとめ。

正直上手くご説明は、出来ませんでしたが、いずれにしろ中国企業とその中国企業を取り扱う中国株式市場は、今や世界的に代表する金融市場の一角です。

特に象徴的なのが、香港株式市場です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。