イノベーション

信頼されるビジネスって。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




この記事を作成する事になったきっかけは、先日「コンビニが成人向け雑誌の販売を止める」ニュースが、気になった事がきっかけです。

これは(セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン)のコンビニ最大手3社が決めた事です

2020年の東京五輪などの(国際的なイベント)に向けての外国人の方に対する策略もあるようですが、本当は女性客や子供と言った未成年客の事を配慮を踏まえた上での事が主な要因の様です

その上においてこの記事を作成した理由とそのターゲット層をお伝えしてから本題に入らせて頂きます。

その上において信頼されるビジネスとは何なのか?も兼ねてお伝え致します。

予めご了承下さい。




コンビニ業界も多種多様なグローバル化している。

今や時代のグローバル火は、より一層高まる一方です。

コンビニ業界でも海外進出をしているのも事実ですし、時代の流れに沿ったニーズに、合わせた形のビジネス展開もしているのも表現されてます。

最大手3社が共通しているのは、まず24時間対応のATMの設置です。

これは私個人的な仮説に過ぎませんが、平日の夜遅くまで働いている会社員などのサラリーマン、現場作業員、国家公務員の方って銀行に行ってお金を下ろしに行く時間って正直限られて来ます

特に昼休みに行く事しか出来ない方もいる可能性が高いです

そこで彼等コンビニ最大手3社は、その悩みを解決しようと、事業計画の段階から(24時間いつでも使用出来るATM)を設置しようと思い付いたと思います。

更に他社との経営統合、企業買収等によりそれぞれ独自の事業者スタイルを確率させたのも一つの印象です。私的に印象が、強いのは、やはりファミリーマートですね。

時代の流れの象徴的存在がコンビニの便利さである。

私は日頃セブンイレブンをよく利用しますので、セブンイレブンの例を主にお伝えします

私が高校の頃に(デジキューブ)と言うコンビニでゲームソフトを購入出来るサービスがありました

中には、コンビニでしか買えないソフトもありましたが(゜∀。)。事実私も過去にですそのルートで購入した事があります。

今となっては、amazonなどのインターネットサイトのノウハウなどを活かした独自の流通サービスにより、最寄りのセブンイレブンに指定店を決めて、セブンネットで注文した品物を購入出来るサービスが確立されてます

ただ物によっては配送専用扱いもありますが(-o-;)

セブン銀行も一つの時代の現れ。

また(セブン&アイ・ホールディングス)には、セブン銀行と言う金融機関が存在します

セブン銀行の詳しい事については、詳しくないので、お伝えするのは難しいですが、このセブン銀行も駅や商業施設などにATM設置の展開も積極的に行っております

事実都営地下鉄や東京メトロの駅にも設置されている所も御座います

と言うコンビニの例をあげました。やはり24時間営業と言う強みがある業界ですので、時代の流れのニーズに基づき、その強みを活かした事業を展開する事により、ユーザーからの信頼にお応えする形が現れます

今回成人誌の販売中誌に至ったのもそぅした信頼されるビジネス展開の答えだと思います。




信頼されるビジネスは株価に反映される。

そぅする事により(株価)として反映され、(ROE指数)が高ければ高いほどより企業の成長速度や企業価値が、高いと見なされより株価が上がって行くにつれ、より高いビジネス展開がされやすくなります

ただし誤ったビジネス展開をすれば、株価が下がり企業価値が下がる恐れが出て来ますので、その事をより意識しなければなりませんが

ちょっと株価の話が出ましたが、正直今話した通り日本なら東京証券取引所で、企業上場の申請が通った場合、その企業が株価として認知されその企業に、株を購入する形で(資金調達)が出来るようになります。

この株式の話は、別の機会にしたいと思います。正直今話したら別の話題になりますので( ´-ω-)。

信頼されるビジネスの特徴の一つは時代の流れに乗っかっる事。

近年目立っているビジネスは、AIを用いた人工知能ビジネスです。昔小松製作所が(自動運転による高度な作業機械建機)を世界に展開したと言う事があります。

この展開を始めたきっかけは、人手不足解消とより高度で危険な現場対策として始めた事です

やはり自分達には足りない部分をどぅすれば、解消出来るかの結論に至ったと言うビジネス展開ですね。

小松製作所は、建設機械業界では世界に展開し、世界中で戦える企業です。

その国際社会と言う顧客に信頼されるビジネス展開する為に、出した答えがこの人工衛星のGPS機能を用いた自動運転システムによる建機ビジネスと言う事です。

その足りない部分を国際社会で戦える人材でまかなうと言う事ですね。

携帯電話業界についてもお伝え致します。

近年の携帯電話と言ったらもぅ(スマートフォン)が主流です。今となっては(後期高齢者向け)のスマートフォンも展開されてます

私が学生の頃は、普通の携帯かPHSが主流でした。社会に出る様になってから折り畳み式の携帯電話(いわゆるガラケー)が、出る様になりました。

携帯電話だけの機能に終わらず、iモードと言ったインターネット機能により着メロが、ダウンロードが出来る様になり、いつの日か携帯電話で簡単なゲームも出来る様な時代になりました

2000年代後半頃でしたかね?ipohoneと言う携帯電話の存在を知りました。最初は何なのって思いました。

ましてやAndroid何か当時は全く知らなかったですからね。

この二つの事は、もぅ一般常識として世界中に認知されてますので、何の事かは省略させて頂きます。

この二つの携帯電話ビジネスの展開により、インターネットが、より更に身近な存在となり、今じゃスマホで、買い物も出来る様になり、銀行振込みや口座開設もスマホで、出来る様になっている時代です。




スマホの台頭によりビジネスの効率化の象徴的な存在となる。

その一角のDeNA社の例で例えたらスマホでのゲームビジネス展開も一つの象徴です。

このスマホによる携帯ビジネスの信頼って、私個人的な考えとして、携帯電話が開発されている頃に(誰もがどこでも電話が出来る様になれれば良いな)っ言う発想が原点となって、携帯電話でもっと様々な事が出来ればもっと信頼されるビジネス展開が出来る

こぅだと思います。今じゃ格安スマホの時代ですからますます信頼されるビジネスにする為には、この格安スマホの中で、よりユーザーに信頼されるビジネス展開が必要になります

まだまだお伝えしたい事はありますが、これ以上長くなると説明がややこしくなりそぅですので、そろそろ締めと行きます。

信頼されるビジネスの原点とは?

信頼されるビジネスの原点であり答えって、進歩して行く世の中の流れに沿った(ユーザーの潜在的需要)による要望に応える事です。

その上において(自分達にしか出来ない事。自分達の経験と知恵を培ってきた信念)をより強く伝える事じゃないかと思います。

一番特徴的なのは明治維新と高度成長期の日本です。

私自身が、一番特徴的だと思うのは、幕末から明治維新の頃と戦後高度経済性長期の頃ですね。

あの頃の日本が、その事を強く強調してます。

そぅ考えると今後日本がグローバル社会で、信頼されるビジネス展開として必要なのは、(若い才能、隠れた才能)の起業家を育てる教育社会にする事です

それに伴いより実践的でありグローバル社会に通用する人材育成の学校教育から確立する事です。

そぅ言った信頼されるビジネスを展開して来たいわゆるイノベーター達の様に、今後ますますそぅ言った彼等の様な逸材が、必要な時代となります。




まとめ。

ここまで信頼されるビジネスとは何なのか?をお伝えして参りました。

この信頼されるビジネスの真実の果てにある答えは、正直申し上げますと、誰しもが、その答えにたどり着けないのが、事実です。

その答えなき真実に、いかにどぅたどり着く事が、出来るのか!その答えを探し求めるべく、日々努力を惜しみません。

そのたどり着いた答えの果てに、信頼されるビジネスが、存在します。

それは成長すると言う証です。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。