イノベーション

経営者の方へ。リモート会議に必要なアプリが御座います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




この記事を作成した2021年3月初頭現在において、未だに続く(新型コロナウイルス)の世界的大規模な感染。

それに伴うワクチン接種。私が住む日本でも漸く2021年2月17日辺りからワクチンの接種が、始まりました。

やっと言うより、悲願と言うより、念願と言うべきですね。(変異株ウイルス)も出回ってますが、ひとまず救世主であるワクチンが、日本に上陸して、これでひと安心。と言うべきです。

確かに2020年初頭から始まった(新型コロナウイルス)の相次ぐ感染によって、私達の生活は、大きくガラッと変わりました。

(マスク、アルコール消毒液)の需要が、高まった事もそぅですが、象徴的な事と言えば、やはり「テレワーク」だと思います。

確実に言える事は、(新型コロナウイルス)の影響である事は、確実に影響あると思います。ただ今後(新型コロナウイルス)が、終息したとしても「テレワーク」の推進は、続くと思います。その事を今回お伝えすべく、この記事を作成する事にしました。

そろそろお話しを進めたいと思います。その前に対象となる方をお伝え致します。

予めご了承下さい。




経営者の方へ。リモート会議に必要なアプリが御座います。

先程もお伝えさせて頂きましたが、この記事を作成した2021年3月初頭において、(新型コロナウイルス)のワクチン接種が、日本でも始まり(新型コロナウイルス)の終息に向かうと言う希望の光が、見え始めて来ました。

ただこの(コロナ禍)の時期において、あるし新たなツールと言うべきか、今後間違いなく新世代のビジネスツールとして、具体化される事は、間違いない!と言うモデルが、生まれました。

それはリモートと言う新たなツールです。

これはビジネスに止まらず、セミナーや発表会と言った形でも続々と採用されつつあります

故にイベント等においても同様です。そのリモートに必要なツールは、何なのか?お伝えさせて頂きます。

となります。あるしリモート関連の記事と併用してご覧頂ければ、その意味合いが、見えて来るんじゃないかなって思います。

スマホとタブレットが、主流であり当たり前の時代となっ上に、インターネットこそ生活必需品となり、新たなビジネスツールとなった今の時代だからこそ、こぅしたツールが、リモート会議に必要なアプリの一つだと言うのはお間違い御座いません。

この先もリモート会議が推進されるでしょう。

これは間違いなく断言出来る事だと思います。

確かに(新型コロナウイルス)が、終息に向かえば、(コロナ感染)以前の頃の様にまで、戻れませんが、また以前の様に当たり前の様に、満員電車の中での通勤ラッシュは、戻る可能性が出て来ます。

それが理由で、(新型コロナウイルス)終息後も企業や団体によっては、恐らくこのままリモートシステムは、引き続き推進して行くんじゃないかなって見ております。

理由として考えられるのは、やはり経費削減だと思います

自社ビルの維持費や交通費等と言った経費による圧迫もそぅですが、今回の「テレワーク」によって、新たなビジネスモデルが、確率されつつあり、その中での「業務効率化」も生まれつつあります。

そぅ考えると、今後もリモートシステムは、どんどん推進されて行くんじゃないでしょうか。

それは大都会と地方の架け橋の一つ。

それは私自身が、東京在住と言う事もあって、日中の外出の印象が、強く焼き付いてます。

その理由の一つとして、警備員時代の頃の通勤事には、朝の通勤ラッシュが、印象的でした。

今回の(新型コロナウイルス)が、きっかけで「テレワーク」が、本格的に実施された今の世の中、かなり満員電車の比率が、減りました(;`・ω・)ノ。

マジです。朝歩いていると、通勤時における車の渋滞による混雑も現象傾向であります。

それと同時に、自宅での仕事する機会が、増えた為地方に移住する方も増えたと聞きます。

それがきっかけと言う事もあり、今後このリモートが、きっかけで地方創生も考えられます。




これこそリモート会議に必要なアプリ的なアイテムです。

それは経営者の方向けに開発したWeb会議に完全特化したWebとのリンクカメラが、まず一つのツールとして上がって来ます。

これこそリモートシステム時代に、必要なアプリであり、ビジネスツールです。

その理由として、カメラを軸にスピーカーやマイク等の機能も搭載されており、ビジネスツールにおいては、必要最低限のツールを備えているからです。

全ては業務の円滑化を図る為です。

そぅ言う事になります。リモートシステムだと場所も取らず、移動時間の削減にも繋がりますので、かなりの効率的で、有効な時間の使い方も出来ます。

これこそインターネット時代の象徴です。

何せ今のこのインターネットを駆使した巨大ビジネスモデルの社会の象徴とも言えるべきツールです。

このアイテムが、あればこの先新たなウイルスの驚異にも対応が、可能であり、ウイルスの感染対策にも繋がります。




まとめ。

(新型コロナウイルス)の世界的大感染が、きっかけで始まったリモート社会の浸透。

その前進の社会の一つの象徴として上がって来るのは、間違いなくスマホとアプリの台頭と言うべきです。

これ等過去の積み重ねが、あったからこそリモート社会に通用するツールが、誕生したと言えるでしょう。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

リモート時代を向かえた意味を示す存在となります。

今後間違いなく「リモート」によるビジネススタイルが浸透し、「フリーランス」の様に、自由業の立場ではありますが、その一方で、自分の足で、勝負出来る実力を兼ね備えた方が、必要とされる時代でもあります

そぅ言った方達の為に、生まれし存在が、御座います。今回その存在をご紹介させて頂きます。


人の為に手助けしたいと言う人の為に、お役に立ち、人と世の中に大きく貢献したいと言う理念によって生まれた存在です。


今後「リモートワーク」で、活動を考えている方には、まさにうってつけのパートナーとなります。


まさにリモート時代の象徴的存在となります。

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。