イノベーション

AI時代に伴う自動運転技術の到来。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る




時々ニュースで、耳にする事です。東京モーターショーを始め、世界各国の車の展示会辺りに行けば分かる事ですが、今AI技術による「自動運転システム」が、脚光を浴びています。

また小松製作所の自動運転操縦による重機ビジネスも含め、各業界AI搭載のロボットによる作業が、段々と普及し始めてます

この記事のキーワードとテーマは、ズバリ!この「AIによる自動運転」となります。

更にこの記事を書く目的と理由もお伝え致します。

と言う理由です。理由の中に仮面ライダーゼロワンを上げた事に関しては、個人的に見ているからと、日頃からお世話になっている鍼灸の先生の影響もあります(–;)。

予めご了承下さい。




AI時代に伴う自動運転技術の到来。

こぅして見るとやはり時代の進歩と成長に、よって生まれし事であるのは、やはり事実過言では御座いません。

もぅかれこれさかのぼれば、1950年代後半から1960年代前半にかけて、すでに人工知能の開発研究が、始まってます

丁度その頃からそぅ言ったテーマをモチーフにした作品が、次々と世に送り出されてます。

この場で代表して上げる作品は、「鉄腕アトムとドラえもん」です。そぅ言ったAI搭載技術が、今世にピックアップされてます。

その一つの象徴が、この記事でメインでお伝えするAIによる自動運転です。

それは時代の流れによる革新。

先ほど冒頭でもお伝えした通り、確実に時代の流れは、来てますね。

特に地方田舎地域だと都心部と違って道が広く、日中の交通量が、断然少ないし、人口のほとんどが高齢者の方が多くしめていると思います。

地方田舎地域にあるパターンです。

個人的な予測となります。年齢と共に、認知判断力等の低下が、著しくなって来ます

時々高齢者の方の運転事故を聞きますが、やはりそぅ言った危険性が、高いです

その対策の一貫として、AI自動運転が、今後必要になって来る時代となります。

理由は、今もお伝えしました通り、いくら日頃から若い者に負けじと、農業等で身体を動かしても、やはり加齢と共に訪れる老化は、避けられないからです。

その上においてらくらくホンなどに、有りがちな高齢者向けのシステム開発も重要となって来るでしょう。

他に上げるとすれば、人口減少対策、交通事故防止の一貫対策となります。

この場では、何か車の自動運転の事をピックアップしている印象が、見受けますが、それは鉄道、船、飛行機、宇宙開発などにも今後AI自動運転技術を上げられる可能性もあります。

小松製作所の例を上げれば、その内容は見えて来ますが、今後そぅ言う展開もあり得ると言う事です。

より危険な仕事をこなし、より安全な社会を目指す試み。

危険な仕事は、当然小松製作所の例です。一方安全なのは、やはり車の自動運転となります。

結論として人身の事故防止と言う事に、なります。また人口減少による人手不足の問題解決にも繋がります。

ただAIの自動運転システムも絶対とは言えません人工衛星との通信トラブルを始め、システムエラーなどの事故の可能性もあり得ます

その課題をどぅ解決するか。それが焦点です。




人工知能社会が、産み出す未来の始まり。

この事は仮面ライダーゼロワンを見れば、分かる事ですが、フィクションではありますが、東映側の意見としては、現在の社会情勢の流れから始まり、今後の社会の未来像を予想して、仮面ライダーゼロワンを企画し制作したと思われます。

作品の特徴として見られるのは、ヒューマギアと呼ばれる「AIロボット」との社会共存が、テーマとして掲げられてます。

ゼロワンだけでなく、そぅ言ったAI搭載ロボットの作品を見てると共通する事は、やはり「人とロボットとの社会の共存」と言う事に、なります。

数々の作品の共通点とは。

様々な作品の共通点として上げられるのは、人の力じゃ限界な事をAI技術で補い更なる社会発展としてのメッセージを伝えたい事です。

そぅ言う理由が、あると考えられます。

今注目のAIが、今後どぅ発展して行き、社会にどぅ言う化学変化によるイノベーションを起こすか?それが楽しみですね

それが新たな時代の到来。

左様で御座います。本当にそぅ思います。ただその一方で、その技術が、悪用される可能性もあり得ます。

剣は心の鏡を写すを比例して、お金の使い方と仕事の取り組み方は、その人の心の鏡を現します。

それが今後どぅ言う方向になるか?ですね。




まとめ。

ここまでAI技術を用いた自動運転技術の事をお伝えして参りました。

仮面ライダーゼロワンの事も記事で触れる形になりましたが、仰る通りこの先人工知能を用いた社会が、ますます浸透しそぅな気がします。

ましてや高齢化社会でもありますので、この先高齢者の交通事故もますます多発しそぅな世の中になりかねません。

そぅ言った高齢化社会に対応すべく一つの解決策として、AI技術を用いた自動運転システムの開発を試みたと私は、見ております。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。